2005年07月30日

石けん生活

手あれは、合成洗剤がもともとの原因ではないか??
と思い始め、(というか本をよんだり、ネットで調べたりして)
先月からできる範囲で石けんに移行しはじめました。

まず最初に衣類用の洗剤
私は、粉の溶けのこりがいやで、今までずっとリキッドタイプのものを使ってました。
○ップ とか アリ○−ルとかを愛用、その上、柔軟材もだいすきで
フ○アなんかは欠かせませんでした。
なので、最初は使いにくくて、使いにくくて…
ふんわり感や真っ白感はやっぱり、合成洗剤の方が上だと思います。
でも、汚れ落ちは別にかわらないかなと感じているのですが、どうなんでしょう??

次に台所石けんを変えました。
ジョ○をはじめ、新発売ものに弱い私は詰め替えを買わずに
ほいほいと新しいものを買っていました。
ひどい時には、ソニプラで外国のにおいがやたらよろしいものも買ったりと
とてもうれしがりの人間でした。(あえて過去形)

綿手袋して、ゴム手袋もしているんだから、石けんにかえようが
あまりかわんないよ!!と主人がいってますが、
食器なので、少量づつ口に入っているかもしれないし、
子どもに食器あらいを頼む時にも安全だし、←これ、すごい期待度高いるんるん
と、石けんで食器あらいをしています。
私が今使っているのは、シャボン玉石けん社の台所用石けんパウダータイプです。

使い心地は…
良くないです。はっきり言って
あの合成洗剤で洗った きゅっきゅっという感じはなく
なんか、ぬる〜〜〜〜という感じで洗い上がりがいまいち
特に、コップ!!!!曇ってるよ!!!
後は、慣れと工夫でしょう。
何か、良いアイデア等お持ちの方はぜひ、教えてください。
posted by バムセ at 12:24| Comment(2) | TrackBack(1) | 使用商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちでも洗剤が原因のひとつだと思っていろいろつかってみましたよ。

結論から言うと、界面活性剤が多く入っている洗剤は手あれを起こしやすいきがします。また、香りが強いやつと除菌ができるやつもダメ。

石鹸ベースの台所洗剤は使いにくい!
職場で、環境の事考えて、洗剤関係を検討しなおした時に、結果として植物性のものにすることで話が落ち着きました。実際の使い心地と環境への配慮のバランスをとりましたね。

最近では、アトピー用の台所洗剤もあるようですね。私は使ったことないですが、もし、その使用感が良いようなら、うちでも採用したいものです。今度買ってみようかな〜。
Posted by ごまちゃん at 2005年08月06日 08:53
台所洗剤は、使用感と健康面のことを考えると、なかなかいいものがみつかりませんよね。
使用感は合成のキュッキュッとした感じや
泡切れのよさ、ガラスのクリアな感じには
石けんは到底かなわないし
でも、手のためには…
使用感、健康面それに経済的にも満足させてくれる、台所洗剤どこかにありませんかね〜。
Posted by バムセ at 2005年08月07日 16:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

合成洗剤
Excerpt: 合成洗剤合成洗剤(ごうせいせんざい)とは、石油や油脂を原料として化学的に合成された洗剤をいう。石鹸より水溶性に優れ、洗浄力が強く、石けんカスが発生しないため、洗濯機の普及とともに広まった。石鹸に比べて..
Weblog: 日用品etcの基礎用語・・・知っておきたい編
Tracked: 2005-08-01 07:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。